宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーとは?

宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーを知っていますか?その名のとおり、なんとなくイメージが付くと思いますが、様々なアクセサリーをデザインする人のことです。宝石や貴金属を使い指輪やイヤリング、ブローチなど、指輪、ブレスレット、イヤリング等、ジュエリーのデザインを手がけます。宝石デザイナー、ジュウリーデザイナーなどと呼ばれることもあります。対象となるアクセサリーは、指輪、ネックレス、ブレスレッド、ブローチなど多岐に渡ります。宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーは、宝石に関する知識や技術はもちろんのこと、貴金属(特に、金、銀、プラチナなど)に関する知識や技術も必要なのです。貴金属や宝石の特徴を理解したうえで、流行を敏感に取り入れながら、買う人が「身につけてみたい!」と思うようなデザインを考え、図面に起こすのが仕事なのです。

宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーに求められる人材

宝石や貴金属でアクセサリーをデザインする宝飾デザイナー。宝飾デザイナーは主に「デザインをする人」と「デザインから製作までをする人」に分かれています。宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーに求められる人材は、職場によって少し異なります。これは、アクセサリーを製造販売する企業で働く「企業内デザイナー」と、デザイン事務所に所属したり、または個人で仕事をする「フリーデザイナー」に分けられます。

「企業内デザイナー」
会社に属している宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーの場合、まずは会社の要望通りのコストを考えて多くのデザイン画を描きおこし、デザインすることが必要とされます。これは、アクセサリーに使われる宝石や貴金属は高価な素材であるためです。企業内の宝飾デザイナーは、会社の要求する要望に従ってジュエリーのデザインを担当しますが、その際にデザイナーはあらゆる情報源を利用して、流行や消費者の好みの変化を調査・予測しながらデザインの方向性を考える力が必要となります。
「フリーデザイナー」
いわゆる個人のフリーデザイナーは、会社に属していませんので、アクセサリー会社や宝飾店などからの依頼を受けて、オリジナルの感性を生かした特色ある製品をデザインし、製作までを行う人もいます。ですから、フリーデザイナーには人を引きつける優れたデザイン能力に加え、制作する力も求められます。また、会社に属している、フリーに限らず、展示会などで自作のアクセサリーを発表し、評価を得て、企業にその能力をアピールする努力も必要となってきます。そして最も大切なことは、身につける側のニーズを的確に反映させたアクセサリーデザインがあるかということです。その歴史やトレンドなど、ジュエリーについての総合的な知識も身につけることが必要です。

宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーの仕事内容

ここでは宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーの仕事内容をご紹介しましょう。デザインだけをする人もいますが、中には図面のイメージ通りになるよう貴金属や宝石を加工し、アクセサリーに完成させるまでの全作業を自分でするデザイナーもいます。具体的にいうと、下記の流れになります。

  • (1)宝石やジュエリーに関する素材、彫金、宝飾などの様々な知識を用いて、紙やペンあるいはコンピューターなどでデザイン画を作成します。
  • (2)作成されたデザイン画を元に、ジュエリーを制作していきます。※デザイン以外の制作部分は専門の担当者が行う場合もあります。
  • (3)ジュエリーの制作は、型を利用して形を作り、金属専用のヤスリなどを利用して形を整えます。

宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーになるには?

まず、宝石デザイン学校で宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーとしての基本的な技術を学ぶのが一般的です。例えば、美術系の大学を出た人でも、卒業後こうした学校に入るのが宝飾デザイナーへの近道といえるでしょう。そして、卒業後に宝石加工会社に就職し、働きながら宝石店、ホテルの催事や百貨店など、その売り場に応じたデザインを学び、技術とセンスを磨きましょう。百貨店の宝飾部などと契約し、客のリクエストに応じた宝石のデザインを行う人もいます。ここである程度の経験を積んでからフリーの宝飾デザイナーになる人もいます。

宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーの年収

宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーの年収ってちょっと気になりますよね。正直、ピンキリといえる業界でもありますが、目安を案内しますね。

就職した場合の年収
まず、ジュエリーメーカーに就職した場合は、デザイナーの月収平均が32万円ほどですので、宝飾デザイナー、ジュエリーデザイナーも同程度と推測されます。入社時で200~300万円程度でしょうか。ベテランで、400~500万円程度で、平均的なサラリーマンと同等で、特に高収入というわけではありません。
フリーの年収
独立してフリーになり、人気宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーとなった場合は、実力さえあれば1000万円以上も可能です。何度も打ち合わせしても、デザイン画だけでは完成品をイメージさせることが難しく、渾身の一作でさえ返品されることもありますが、自分の作品に顧客が満足することがこの上ない喜びでしょう。また、フリーの宝飾デザイナーの場合、デザイン料とそのほかに「加工料」としてデザイン料の3倍ほどの金額を得ることが出来ます。

収入と景気は比例する?

貴金属、ジュエリーは贅沢品の代表で、いわゆる「生活必需品」ではないので、利益は常に景気に左右されます。現在は、不況の影響で宝石加工会社などの求人は非常に少なくなっています。ですが、美しい宝石を身につけて楽しみたいという気持ちは、時代をこえて存在します。景気が悪くても、熱意とセンスのある人は採用されるでしょうし、景気が上向き、人々が贅沢品にお金をかけられるようになれば、更に求人も増えることでしょう。

収入と留学

海外のジュエリーについて学びたいと、イタリアなどの宝石専門学校に海外留学をする人も増えていますが、ヨーロッパの人たちと日本人では、体格、肌の色、ファッション、アクセサリーの好みなどが違うため、海外で習得した技術やセンスがそのまま日本に応用できるわけではありません。ですが、そこを見極めて宝飾デザイナーとしての地位を築くことが出来れば、億単位の収入を得ている宝飾デザイナーもいますよ。

宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーで役立つ資格

宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーになるうえで、役立つ資格をご紹介しますね。

【貴金属装身具製作技能士】

自らアクセサリーを作るデザイナーになりたいなら、一番とっておきたいのがこの『貴金属装身具製作技能士』です。聞きなれない響きかもしれませんが、国家資格で、デザインしたジュエリーを、金属を加工して作る技術を証明する資格です。他にも、国家資格ではありませんが、宝石に関する知識があり、鑑定もできる「宝石鑑定士」の資格や、貴金属や宝石を買う人に、その場でふさわしいアドバイスをする「ジュエリーコーディネーター」などの民間資格もあると役立つでしょう。

宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナー・アクセサリーデザイナー・コスチュームデザイナーの違い

宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーとアクセサリーデザイナーは似ていますが、ちょっと異なります。どちらも装飾品の小物をデザインするデザイナーであるという点は同じですが、ジュエリーとアクセサリーの大きな違いは扱いう素材です。貴金属(銀、金、プラチナ)を使用したものはジュエリー、その他の非貴金属で作られた物はアクセサリーの部類に入ります。アクセサリーはデザインをして製品を作る事も個人で出来ますが、ジュエリーになるとコストが高いので、デザイン画を描いても個人で製品にするのはなかなか難しいでしょう。他にもコスチュームデザイナーが取り扱うコスチュームジュエリーなどもありますが、どちらかと言うとこちらはアパレル系のデザイナーに入るでしょう。

コンセプトが違う

上記のようにデザイナーという言葉に違いはありませんが、

  • ジュエリー・・・宝石・貴金属を用いて作られた装身具の事。
  • アクセサリー・・・装身具、装飾品のこと。
  • コスチューム・・・衣装。
  • このように、デザイナーとなると何に合わせて作るかが重要となってくるので、違いはコンセプトの違いです。ジュエリーとアクセサリーの違いとしては人が合わせるか、人に合わせるかではないでしょうか。
  • ジュエリーは物が主役(人が合わせる)
  • アクセサリーは人が主役(人に合わせる)

といったイメージでお分かりいただけるかと思います。

宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーの役割

宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーが様々なお客様のライフスタイルにあった最適な提案をするためには、アイデアの引き出しがたくさんないと難しいでしょう。仕事の幅はとても幅広く、当然ですが、ジュエリーデザインのスキルは重要です。顧客のイメージをデッサンすることはとても重要な過程です。もちろん、デザインだけ行う宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーも多くいますが、豊富な加工知識も必要になります。センスがあり感性が豊かであることはもちろん、ジュエリーデザインのスキルが高いことが求められます。また、デザインといえば、コーディネート術のスキルも大切です。例えば、合う色、合うコーディネートのアドバイスも出来れば、一層デザインの魅力を伝えることが出来るでしょう。宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーのとても大切な役割は、無いものを生み出していくこと、そんな「時間」を提供することも大切なのかもしれません。

まとめ

ジュエリーは、ファッション性だけでなく、身に付ける人の喜びや願いが込められた特別な存在であり、美しい輝きで人々を魅了します。リング、ネックレス、ピアスなど、ジュエリを身につけることは、いつの時代も女性のあこがれ。宝飾デザイナーやジュエリーデザイナーは人に輝きだけではなく、夢と美しさを伝える素晴らしいお仕事です。これからの宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーは、どれだけ顧客に支持されるジュエリーが提案できるかが重要になってきています。次ページでは、実際に宝飾デザイナー・ジュエリーデザイナーになるためのステップをご紹介します。